赤ら顔の悩みを解決できました!

私はいままで赤ら顔で悩んでいました。

肌の色は全体的に色白だと思いますが、顔だけは赤っぽくて…

特にニキビが出来ると赤みがひかなくて、大変な思いをしました。

おまけに敏感肌で、なんとかしたくても自分の肌に合うスキンケア化粧品をみつけるのが難しくて、これまで何種類も試してはダメの繰り返しの状態でした。

気温が暑いわけでもないのに、自分の顔の頬や鼻、アゴが赤くて、なんだか人前に出るのも恥ずかしい気持ちでイッパイでした。

顔の赤みを病院で治療しようとしても、赤ら顔を治す特別な薬があるわけではありませんでした。

どうしても顔の赤みが気になるので消すために、しかたなくメイクでカバーしようとしても厚塗り状態で、かえって汚くみえるので他に何か解決方法があるか徹底的に調べました。

まず最初に赤ら顔の原因を調べました。

赤ら顔の原因は…

赤ら顔の原因は毛細血管のひろがりが関係していることがわかりました。

頬や鼻、アゴに血管がたくさんあって、特に「皮膚が薄い」「敏感肌」「皮脂分泌が多い」タイプが赤ら顔になりやすいようです。

私の場合、敏感肌ですので顔の血管が刺激によって炎症を起こして、毛細血管がひろがってしまい、赤血球が多くなることで赤くなることがわかりました。

自分の肌に合うスキンケア化粧品があまり無いので、ほとんどあきらめていましたが、色々調べていくと、赤ら顔をケアする化粧水をみつけました。

その広告では敏感肌の93%が効果を実感しているとあったので、早速試しに購入してみました。

商品名は「白漢しろ彩」という化粧水です。

白漢しろ彩を選んだ理由

  • 赤ら顔をケアする化粧水ということ
  • 敏感肌でも安心の無添加だったこと
    (アルコール・パラベン・フェノキシエタノール・香料・着色料・鉱物油が不使用)
  • 評判が良かったこと

白漢しろ彩を試した結果…

最初に使った感じでは、ヒリヒリしなかったのでこれなら大丈夫と思って、朝と寝る前の1日2回の使用を続けました。

一度に大量に使用するよりは、数回にわけて少しずつ重ねてつける感じで使うと良い感じです。

普段、乾燥しやすい頬に使うと割と潤いがあって肌触りがモッチリします。

乾燥対策としても優秀な化粧水だと思いました。

「すぐに効果があった」とは言いませんが、使って10日位経つと、なんとなく赤みが減ったような実感がありました。

60日間の返金保証があるので肌に合わなければ返金しようと思っていましたが、効果を実感できたので続けようと思います。

自分の肌に合う化粧水も見つかりましたし、以前と比べて外出したときに恥ずかしい気持ちがなくなったことが一番大きいです。

⇒ 赤ら顔ケア化粧水『白漢しろ彩』はこちら


ページの先頭へ